本文へ
家庭医療学後期研修について

先輩研修医の声(大竹 要生)

大竹要生(滋賀医科大学 出身)

家庭医を目指し研修生になったきっかけ

分野に限られず何でも相談してもらえる存在に憧れて家庭医を目指しました。

センターの良いところ

初期研修までの学習者としての立場とは異なり、医師3年目からはどんな分野や施設でも、ある程度戦力としての役割期待が予想以上に大きくなってしまうのが現実。でも当センターは、学習者としての専攻医の存在を最大限尊重して配慮してくれるプログラムや体制があります。毎週のレジデントデイにかぎらず、外来振り返りや日常の診療の際にも。教育を重視してくれているところが滋賀家庭医療学センターの魅力です!

将来の目標や予定

グループ診療で家庭医療を実践すること

当センターでの研修を検討されている方へのメッセージ

診療所を中心とした舞台で、このセッティングならではのあらゆる分野にわたる訴えや悩みに遭遇し学習できるこの環境は、本当に恵まれたものだと感じています。しかも様々な指導医の先生に囲まれながら診療所で成長できる環境です。是非一度、見学においでください!


先輩研修医の声(陌間 大輔)

陌間大輔(自治医科大学 出身)

家庭医を目指し研修生になったきっかけ

分野に限られず何でも相談してもらえる存在に憧れて家庭医を目指しました。

センターの良いところ

長年に渡り地域医療に携わっておられた院長先生をはじめ、多くの指導医の先生に恵まれています。エビデンスも重視した講義もあり、経験とエビデンス両方に基づいた指導をしていただけます。また振り返りや症例カンファも多く、少しでも疑問に思ったことや、疑問に感じてなかったけど大切なことなどをすぐに教えていただけます。他職種との関わりも強く、気軽に相談に乗っていただけるのも魅力の一つだと思います。

将来の目標や予定

将来は地元で弓削メディカルクリニックのような医療機関を立ち上げたいと思っています。

当センターでの研修を検討されている方へのメッセージ

将来地域医療に携わろうと考えておられる先生にとって、これほど経験とエビデンスに基づいた指導を仰げる場所はないと思います。専攻医1年目より地域医療に対するイメージが変わり、より具体性をもって実践できるところです。是非一緒に家庭医・総合医を目指して切磋琢磨しましょう。


先輩研修医の声(一岡 慶紀)

一岡 慶紀(自治医科大学 出身)

家庭医を目指し研修生になったきっかけ

大学自体が、地域医療に従事する医師を養成する目的別大学であり、地域で働く医師を志して入学しました。在学中に、いろいろ希望は揺れましたが、初期研修中に、このコースができ、誘って頂いたのがきっかけです。

センターの良いところ

On the job training、Off the job training が両方充実しています。 診療所において、外来診療研修、在宅診療研修、施設診療研修、地域保健活動研修がすべて質・量ともに必要十分だと思います。
地域の医療をほぼ一手に引き受けてこられた診療所であり、非常に多くのcommon diseaseを、それぞれの変化球含めて、経験する事ができます。
民間診療所なので、経営感覚も養う事ができます?

当センターでの研修を検討されている方へのメッセージ

老若男女関係なく、同じ領域を志す仲間が出来るのは嬉しいものですし、身近に(医師として)同年代の仲間がいることは、自分にはとても心強く感じます。
自分の中で、こうなりたい、そのためにはこんな研修がしたい、といったビジョンがある方も、あまりそういった明確な希望がない方(自分はこのタイプです)も、当センターには、そういった指導にも長けた指導医の先生方がおられますので、一緒に相談して決める事ができます。百聞は一見に如かず、案ずるより産むが易し、気になって頂いた方は是非見学に来てくださいな。