本文へ
家庭医療学後期研修について

家庭医療学後期研修プログラムの特徴

湖国 滋賀県を中心とした魅力的なフィールド

 地域型・都市型双方がバランス良く経験出来る滋賀の東近江地域における良質なフィールドが貴方の学習の舞台です。
 気候も風土もほどよく、四季が感じられる自然豊かで住みよい場所であり、京都・大阪などの大都市へのアクセスもほどよく、生活圏としても優れた地域となっています。また住民気質としても穏やかで地域医療研修の場としても導入に適した地域です。

診療所ベースのGroup Practice

 全国には数々の家庭医/総合診療医を養成する施設がある中で、特に当プログラムでは診療所ベースでのGroup Practiceに力を入れて取り組んでいます。これからの日本に必要な医療スタイルとして、複数医師が診療所においてどのような活躍が求められるかを経験できます。また全国様々な文化で学んだ複数の家庭医療専門医と現地で長い地域医療を経た指導医・多職種の協同の元、「家庭医療学」「多職種/多科/多施設連携」など多様な学びを得られます。

成人学習に基づいた教育手法

 単に多くの実践を積むだけでなく、当プログラムでは研修経験の振り返りと実践のバランスを重視し、効率的に学びが得られるように工夫しております。また実臨床の場を離れて仲間と学ぶOff the job trainingの時間を適切に確保することも重視し、学習者が学びやすい環境を用意しています。

指導体制について

プログラム責任者

雨森正記(医療法人社団弓削メディカルクリニック・滋賀家庭医療学センター院長)

指導医

医療法人社団弓削メディカルクリニック 大原紗矢香、中村琢弥:家庭医療専門医
永源寺診療所 花戸貴司
あいとう診療所 横田哲朗
蒲生医療センター 北川貢嗣
病院研修 立川弘孝(近江八幡市立総合医療センター総合内科部長)
辻川知之、杉本俊郎(東近江総合医療センター総合内科)