本文へ
家庭医療学後期研修について

研修プログラム構成/内容

 研修は原則3年間にて構成し、専門医受験資格が生じるよう一定の条件を確保しつつ、研修医の要望も交えながらコーディネートしております。

 その上で、当センターとしては以下の内容を基本構成と定めて実践しております。

 まず初年度は診療所・小病院の研修開始とし、家庭医・総合診療医のアイデンティティ確立を目指す期間としています。

 次に2年目は中核病院研修にて、能力の裾野を広げつつ、診療所での継続外来・往診も担当し続け、診療の継続性を担保します。

 そして3年目はこれらの研修の集大成として、各研修医のニーズに合わせて研修内容調整を行い、臨床における総合力を構築し、家庭医・総合診療の専門医としてふさわしい力を培います。

 なお、研修全期間を通じて、Off the job研修としての集合学習枠「レジデントディ」を担保しております。


実際の研修コーディネート一例(※適宜相談)

1年目小病院・診療所研修 (医療法人社団弓削メディカルクリニック、永源寺診療所、蒲生医療センター、あいとう診療所のいずれか)
2年目中核病院研修(内科・小児科・救急etc)研修指定病院(近江八幡市立総合医療センター、東近江総合医療センター)における総合内科研修(6ヶ月)、内科研修(6ヶ月)、週1日または0.5日の診療所外来研修など
3年目病院・診療所研修+選択科研修(half day backなど)研修指定病院(近江八幡市立総合医療センター、東近江総合医療センター)における小児科研修(3ヶ月)、救急研修(3ヶ月)、 選択の専門科研修または診療所研修、週1日の診療所外来研修など