本文へ
家庭医療について

家族志向型ケア

 家庭医療(Family Medicine)の名にも冠される「家庭・家族(Family)」という生活の単位。あらためて述べるまでもなく、多くの人にとって、それはとても大切なものです。

 我々家庭医は、家族・家庭とどのように向き合うかを学問として体系化した「家族指向型ケア(Family-Oriented Care)」を実践できるよう、レクチャーやカンファレンスなどを通じて、日々学びあっており、家庭医としての学術的専門性の一側面として高め続けております。

 この概念は、家庭に存在する様々な関係性の変化、家族と健康の関係、健康問題に関わる家庭の問題への介入の方策など、様々な手法や知見がまとめられた概念となっております。

 住民の皆様に対して、家族を適切に扱える家庭医へ。当センターではこのような家庭医を養成したいと考えております。