本文へ
家庭医療について

患者中心の医療(臨床技法)

「患者さんを中心に医療を・・・」。

そう考える医療者は多くいますが、具体的にはどのようにすればよいのでしょうか。

当センターで重要な概念として、実際の臨床や教育現場にて展開している手法は「患者中心の医療(臨床技法)(Patient Centered Clinical Method)」と呼ばれるものです。
CanadaのWestern Ontario大学にて1980年代に考案された診療モデルになります。

 この4つのコンポーネントに分かれる各項目を質高く日常臨床で実践できる家庭医を養成するよう、日々努力しております。

参考文献:Patient-Centered Medicine: Transforming the Clinical Method (Patient-Centered Care Series.) Third edition