本文へ
家庭医療について

地域包括ケア

 乳幼児や小児、成人、老年といったあらゆる年代層の方が、地域で暮らし続けることができるよう、地域のシステム(住まい、医療、介護、福祉、生活支援、等々)は一体的に、有機的につながった形で提供されることが望まれています。我々家庭医はそんなシステムの中である種の調整者としての役割を求められています。

 我々はこの考えを質高く実現するために、Community Oriented Primary Care(COPC)などの概念の他、数々の手法・知見を学び、その実践や教育に力を入れております。

 当センターの家庭医には、その後どんな地域に赴任しても、その地域を適切に分析し、地域の力を最大限に引き出して、地域包括ケアが体現できるような存在であることができるよう、研鑽に励んでおります。